タブレットとカメラ

動画制作においてプロのナレーション録音は素人とは全然違うのか

ビデオカメラ

企業のPRの重要な部分を占める動画は、インパクトを与える作品にする必要があります。特にナレーションは素人でもいい声をしていれば問題ないのではないかと感じてしまいますが、プロとはかなり違ってしまう場合もあるのです。いい声だからと素人でナレーション録音をしたら、何か違うと感じてしまう場合があります。素人がナレーション録音をして聞き取りにくいと感じる原因として、発声や発音がプロとは圧倒的に違うからです。アナウンサーもそうですが声で仕事をする人は非常に聞きやすいです。声で視聴者に内容を伝達するには、聞き取りやすさは必須です。制作した動画に合うナレーションは制作会社の方で適切な人を選んでくれます。もし自分たちで決めたいのであれば、声のサンプルをもらって動画に合わせてみる方法もあります。ナレーション録音は、動画を見てもわからない隠れた部分も引き出してくれる声が重要になってきます。素人の声のいい人では適切な感情表現が出来ないで、インパクトを与えられない場合があります。プロのナレーターは専門の学校に通って効果的な声の出し方を学んでいますから、その中でも最も映像にマッチする人間を選べば失敗は無くなります。以上のような点から動画制作会社に依頼するのは、大きなメリットがあります。

動画制作においてプロのナレーション録音を入れる良さとは

マイク

企業をPRするナレーションの重要性は、非常に高まっています。動画制作会社に依頼することで、視聴者に十分なインパクトを与える素晴らしい動画を完成させる事が出来ます。しかしナレーション録音にはいくつかの注意点があり、それらに気をつける事で素晴らしい作品になります。動画はBGMやテロップで注意を引きつける事が出来ますが、それだけではやはり弱い部分もあります。…

TOP